スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これまでに決めたこと、これから決めること 

マンション発見の1月中旬から現時点までで決めたこと

・おおよその間取り
・窓の仕様とその発注(輸入品のため納期大)
・水排水配管のおおよその位置
・ガスかオール電化か
・第1種換気システム+空気清浄機
・壁断熱仕様
・階段の取り回し


この後の決まってるスケジュール。

・ユニットバス発注:4/1
・コンセント位置と種類:4/上旬まで
・トイレ、食洗機、水栓、の発注開始:4/中旬〜
・天井仕上げ仕様:4/中旬


決まってないけど納期が気になるスケジュール

・オーダメイドキッチン天板


とにかく早くいろいろ決めないといけないので、やっぱり家を買う前からの事前準備が大事です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

スケルトン完了

スケルトン化が完了しました!

リビングから北部屋まで壁抜き


水回りも入れ替え


北の2部屋を1部屋に


すっかり広々となりました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スケルトン工事開始

3月12日から始まりました。

今の内装を壊してスケルトンにします。
予定は20日まで。

毎日リノベをしてくれる社長から進捗を頂きますが、1日で元の姿も見る影も無くなり、数日で廃墟感たっぷりです。

キッチンは



こうなり




1階の階段付近も



壁が取れ、




最後は階段も破壊です。






2階の北部屋も




凄い、もう後には引けん。
おそろしい。。。


クリックよろしくデス

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

Beforeリノベーション

今の部屋を全部解体してスケルトンにするところから始めます。
予定は3月12日から。

ということで、Beforeリノベの状態を記録しておくことにしました。

この日は3月の頭とはいえ、春日和。
外は17℃の気温です。

寒い日にどのくらい部屋の中も寒いかも記録しておきたかったのですが、それはどうやら難しいようです。

といっても3時頃から2時間ほど部屋の中にいましたが、フローリングの床が冷たく、足元は冷え冷えとしていました。
これがどの程度リノベによって変わるか楽しみです。


リビング全景。右奥にキッチン。




30年前の建物ですが、床暖房用の温水配管が通っているようです。レンジ・オーブンも30年選手です。



換気扇。リノベで同時給排型の換気扇に変えます。
換気扇の穴以外にもう一つ穴があるので、こちらは第1種換気用のダクトにして、熱交換器が付いた換気システムにする予定です。



リビング反対側。壁を取って、壁の反対側の吹き抜けを出す予定。



窓はドイツ窓を内側に入れます。でもこの古いサッシを捨てられないのが残念。



リビングを出て廊下から。壁はすべて取り払います。



廊下の先の和室。半分はバスルームとファミリークローゼットにしようかな。



和室の隣の洋室。壁を取って、広い部屋に。



出窓も内側にドイツ窓を入れます。



廊下途中右側の洗面バスルーム&トイレ。すべて壁をとって、2ボールの洗面台とトイレを入れます。
トイレは2つ欲しかったのですが、下の階には下水配管が来ていないとのことで、やむなく上の階に2つトイレ設置です笑



玄関も左のキッチンと隣り合わせの壁を抜き、土間にしてパントリーなどを置きます。



下の階にいく階段。360度のヘアピン構造が危ないので、階段の向きを変えます。



階段はコンクリでできていますが、どうやら壊せるようです。



下の階は2部屋ありますが、壁を壊して一部屋にし、大きいプレイルームに。プロジェクターや階段から続く滑り台、ハンモック、縄梯子、いろんなものを置くつもりです。
そして将来子供たちが大きくなったら自分で自分のプラベート空間を作ってもらいます。



上の階の玄関脇にある納戸。ここも壁を壊して土間に。木工や趣味の自転車やアウトドアグッズの手入れなどをするスペースにします。




窓のカビ。別の日の寒い日は結露が結構ありました。なのでカビカビ。全部捨てたいなぁ。



解体前なので好き勝手できます。
壁に新しいキッチンの場所の落書きをみんなでたくさんしました。今しかできません!



障子破りも今だけ。



狭いバスルームでしたが、これがどう変わるか楽しみです。



旧窓のレール。ドイツ窓を入れるのでどうしても部屋内に引っ込みます。10センチ位。



火災保険

ついついおろそかにしがちな火災保険の申込み。

銀行やらいろんな手続きやらリノベ内容やらを考えていると抜けがちにどうしてもなってしまう。

でもこれも各社によって数万円程度異なることがあり、どれがいいのかを調べるのがまず大変。

カカクコム等で一斉見積もりができるようなのでそれであたりをつけた。

ちなみに火災保険の補償額は、建築場所の評価基準に従う。加えて補償額も青天井ではなく、評価額に±30%の上下限でしか設定できないらしい。

自分の設定した補償額が少なすぎるんじゃないかと心配だったが、まあそういう考えであれば深く考えずにすむのでいい。

ということで、リーズナブルな火災保険会社を選ぶに至る。


プロフィール

lonsdalequay

Author:lonsdalequay
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。