FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キッチンの考察

キッチンを選ぶにあたって考えたことはシンクとコンロを別々のキャビネットで背面使いにするセパレート式ができるかどうかという事でした。

リノベする部屋はリビングダイニングが25m2程度しかなく、狭い。

そこに物が集中するので生活動線も含めてうまく配置しないといけない上に、排水と換気ダクトの位置が同じようなところにあるので、I型にして横長にすると排水傾斜の関係でキッチンだけ床をあげなくてはいけないか換気扇のダクトを伸ばしてあげないといけない。

ということで、I型の採用は難しい。

なんかいいアイディアないかと思っていたところ、2つに分けてシンクだけアイランドにすれば解決じゃんと思いつき、セパレート型というのを探すことになりました。

しかし、これがなかなかメーカー商品で無い!

あっても高い!

エントリーモデル的なものでセパレート型があるものはtotoとLIXILぐらいしかない。

さらにうちはエレクトロラックスの大きな食洗機を入れるのでそれが入るキャビネットでなくてはならず、メーカー品だとできるかどうかカタログだけでは判断ができない。

また収納を考えると、シンク側にシンクと直角側に開くキャビネットが欲しい。

そうなるとますますメーカー品じゃできない。

どうしたもんだろと大いに頭を悩ませていたわけだが(妻が)、ふとIKEAのキッチンのカタログを見ると、セパレートでキャビネットが開く方向が違うものがあるではないですか!

さすがIKEA。カスタマイズをよく考えている。

が、IKEAキッチンの排水落とし穴はシンクの排水ホールが詰まりやすくメンテが大変なものが中にはあるらしいとのこと。

LIXILやtotoだとそこはうまく考えられていて、大口径、ステンレス仕様になっている。

この違いは料理に対するカルチャーの差があるのかも、どうやら日本ほど欧州は排水にごっそり溜めるような料理をしないようだ。

で、散々悩んだ結果(妻が)、ちょうどIKEAのキッチンセールをしていたのもあり、コンロ側だけはIKEAを購入することにしました。

一番安いキャビネットパネルを選択し、ガスコンロもちょうどセールで激安になってたものをゲット。だいぶお得でした。

改めてシンクを考える。

シンクはアイランドになるわけだけれども、部屋が狭いからやはりコンパクトにした方がいいと結果的になり、直角方向に開くキャビネットは取りやめに。

そうなるとLIXILでもTotoでも選択肢に入るが、ここで工務店から泣きが入る。

うちの部屋、かなり買い叩いて安くあげようとしているため、施主支給が多く工務店は中間マージンが無い模様。

という事でキッチンシンクだけはメーカーを使ってくれないかとのこと。

内心どちらでもよくなったわけなので、ここは貸しという位置付けでLIXILにすることにしました。

ちなみにLIXILの値段は定価の50%オフ。

それでも工務店がマージン取れるわけなので、一体キッチンの真の値段はいくらなんだろう。 住宅業界の値段設定は全く理解に苦しむところです。




スポンサーサイト

ユニットバスの考察

ユニットバスはタカラスタンダードにした。

ホーローの壁天井、タイルのような床が他のメーカーにない質感があり、気に入って決めた。

また標準で全断熱仕様というのが良かったのと使わなかったけどバスのサイズが規定サイズ(1616とか)を微調整することもしてもらえるからだ。

浴槽もホーロー浴槽。。。は流石に高嶺の花だったので採用しなかったが、ステンレス浴槽か人大を選べれて結局人大にした。

本当はステンレスが良かったが、塗装が弱い?というネット画像を見てしまってやや心配になり、人大を選んだ。無塗装のギンギンステンレス浴槽があったらなぁ。

ところでタカラというとやや高いイメージがあり、候補にのってなかった。

ところが価格設定と割引率の考え方がタカラは他と全く異なることがわかり、かえって安心して買えることがわかった。

他のメーカーはおおよそ表示価格の40-60%引きで工務店卸で売っている。
しかも商品ごとに割引率が違うし、工務店が間に入るとさらに中間マージンがあるため不透明さがハンパない。

一方タカラは表示価格を低く設定し、割引率を小さくしてる(おおよそ35%)。 だから中間マージンが動いた時でも思惑とのズレが小さくて済む。

言うなれば施主には優しい。

ということもあり、タカラにした。

しかし。。。 改めて思うが値引率が50%とか尋常じゃないなぁ。値段の意味はなんなんだろう。

やっぱりちょっと変だよ、住宅販売業界!!

再開

とある事情にてリノベを一時中断していましたが、また再開します。

4月中旬の完成を目指して頑張るぞ!

住宅ローン減税申請

ハメられた!
難しすぎる住宅ローン減税。

確定申告の時期になり、住宅ローン減税申請は初年度だけは自己申告しないといけないため、市の確定申告会場へ行ってきました。

目論見では、借り入れ額の年末残高の1%で最大40万/年の減税を受けられるはず、と意気揚々と向かいましたが、会場の税理士さん曰く、違うよとのこと。

なぬぅーーー、そんなバカな!

その税理士さんに問いただしてみると、住宅ローン減税には但し書があり、個人間売買の場合は消費税8%の支払いが無いため、減税される額は半分の20万/年になってしまうとのこと。

確かに、中古マンションの売買契約書は個人同士で僕と前住民になってる。

でも不動産会社を経由したじゃんと言っても通常は不動産屋は契約文面には関わらず、あくまで斡旋らしい。

なんだよ、それ!
ふざけてる!!

幸いにして借り入れ額は大きくなかったので、目論見外れは少なくて済んだが、これってあてが外れて悶絶した人多数なんじゃないの?としつこく税理士さんに聞いてみたが、いやーあまり聞かないなぁ、でも中古住宅買って大きい借入額の人いるよね、だそうです。

みんなどんだけ感心無いの!
それかちゃんと知ってるのか。

住宅ローン減税の話は調べたつもりだったが、抜けていました。

注意が必要です。


以下まとめ。

・中古住宅の場合、売買契約者同士が個人間になることが大半で、消費税の発生がないから限度額が20万/年。

・なお、新規住宅買った人は対工務店になることが多いから消費税を払うことになるので、40万/年が限度額。

・また土地購入は消費税かからないけど、住宅とセットであれば住宅分の消費税があるのでMax40万/年。

・て考えると、リノベ代で借りるお金を借り入れ契約内にちょっとでも入れてれば40万/年になるということだと思う。節税のためには借りる方法を考えるべきだったということになるのかも。て、そこまで気が回らんわ!

これまでに決めたこと、これから決めること 

マンション発見の1月中旬から現時点までで決めたこと

・おおよその間取り
・窓の仕様とその発注(輸入品のため納期大)
・水排水配管のおおよその位置
・ガスかオール電化か
・第1種換気システム+空気清浄機
・壁断熱仕様
・階段の取り回し


この後の決まってるスケジュール。

・ユニットバス発注:4/1
・コンセント位置と種類:4/上旬まで
・トイレ、食洗機、水栓、の発注開始:4/中旬〜
・天井仕上げ仕様:4/中旬


決まってないけど納期が気になるスケジュール

・オーダメイドキッチン天板


とにかく早くいろいろ決めないといけないので、やっぱり家を買う前からの事前準備が大事です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

プロフィール

lonsdalequay

Author:lonsdalequay
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。