スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀行探し1 事前審査

妙に短期決済のこの物件(普通より半月ほど早い)、納得いく銀行探しができるか心配です。

妻:「やっぱり金利だよね。どこがいい利率かな?」

夫:「ネット系銀行はいいよね。持ち家を考えていたときはつなぎ融資ができないとかあったけど、
   今回はマンションだけだから使えるかもよ」

妻:「確かに。といっても全部調べるのは大変だなぁ・・・。 そうだ、いいこと思いついた」

夫:「何?」

妻:「ハウジングセンターでお金の相談やってるじゃん。ああいうところって銀行の利率一覧表持ってるんじゃない?
   そこでその表をもらえばあたりがつけらるじゃん」

夫:「サエてる~!」

ということで、さっそく予約し行ってみると、たしかにあった。
またしても妻のアイディアにて超時間短縮。やはり第6感系。

表を見ると面白い。利率の幅が銀行によって随分ある。

変動だと最低で0.45%ぐらい。 10年固定では0.6%ぐらい。
にもかかわらず、利率が1%近い銀行とかもあり、そういう銀行は一体何が売りなんだろうと悩む。

利率を下げるのはきっと至難の業だろうから、利率が高い銀行は避けて
利率の低い地銀や都市銀行、ネットを5個ぐらい事前審査を取ってみよう。






スポンサーサイト

申し込み書

マンションを見た後、その場ですぐに申し込みを宣言したわけですが、その後は書類の記述が必要になります。

不動産屋から自宅が近いこともあり、担当の方に来てもらってその書面を当日に記述しました。

担当の方曰く、ウチが一番先の申込者だからひとまずは大丈夫。でも融資でコケけなければ&早く融資先を決めれば大丈夫とのことです。

ただし、売主は1ヶ月後の2月末での決済と手付金20%を希望している(普通は10%)とのことで、お金関係は忙しいことになりそうな予感です。

融資の事前申請もお願いしてこの日は終了。

見学会という名の決戦

さあ、決戦の日。

先手必勝作戦で気合を入れた我々夫婦は決戦に臨みます。

果たして物件の波長が合うか・・・。

ちなみに、妻は不思議な第6感をもっており、これまでも数々の奇跡を起こしています。
テレポーテーションしたり、砂の中のような情報群から一発で貴重な情報を当てたり、
餅から金属破片を一発で当てたりと数え上げれば枚挙にいとまがないです。

夫は、妻は間違いなくニュータイプだと思っていますが、妻も自分で魔女と思っているらしく
彼女の第6感がこの物件で何か言わなければ合格のようです。

いよいよ見学会スタート。まずは売主とご挨拶。
初老の紳士でいい感じです。

次に部屋。

この部屋は高台の縁に建つ眺望のいい物件のため、とにかく遠くまで見渡せて気分がいい。
これもGOODです。

そして、広さ。メゾネットタイプになっており、2階から入ってリビング、風呂トイレ、2部屋、1階に降りると2部屋の構成です。
リビングがもって広ければよかったけど、まあ悪くない。マルです。

全体的に見渡しても築30年の物件ですが、綺麗に使用されておりどこも清潔感があります。

次に壁。リノベを前提にしているため出来る限り壁は抜いて広々使いたい。
どうか? これは怪しい箇所がいくつかあり、玄関土間を広くする構想はちょっとむずかしい感がある。
これは残念。

ですが、我々の心は、というか彼女の第6感はもうすでに決めていました。

これは買いだ、と。

ということでその場で申込みをすることにしました。

ライバルはいたようですが、どうやら他不動産屋を経由している模様。
不動産業界の両手ビジネスが今回は我々に功を奏し、どうやら水際で食い止めることができていたようです。
ラッキー。

ちなみに、物件にはその物件を抑えている(売主とのパイプがある)不動産屋でアクセスすることが肝心です。
でないと、せっかくの獲物を逃すことになる可能性があります。




見学会前のキモ

今まで色々学んできたキモ。
とにかくすぐ決める。
ネットに掲載された週の土曜日AMには見に行く。
そして、いいなと思ったら不動産屋へ申込みをする。
「考えます」とかダメ絶対。買わなくてもいいから申込みだけはする。

そのためには自分たちの条件を決めておいて、マルなのかどうかを決めておくことが肝心。

今回も見学会前日までに夫婦で話し合って、行くか!と決めて臨みました。
実際に見て物件と波長が合えばGOサインを出すつもりで当日に臨みます。


いいヤツキター!

我々夫婦の探す中古マンションの条件は

・100m2ぐらいの部屋

・管理費、修繕積立が安い(エレベータがない、機械式駐車場がない)

・駅近、保育園近、小学校近

・できれば庭あり、もしくはバルコニーが広い

だったわけですが、むろん全部が叶えられるわけはなく、
というかそんな物件、いまのところに片手ぐらいしかないんじゃないかという感じで、
どう折り合いをつけるかを毎週1回ネットの物件検索で
こっちはあれがいかんとかこれさえあればとか夢追い人のように決まらずに話していました。

特に夢追い人は妻だったわけですが、夫は正直、こりゃああと10年は決まらなんなと心のなかで思ったりしてたわけですが、
それが一旦は土地神様に捨てられた我々も捨てる神あれば拾う神ありで、夢は叶うんもんなんですよね。

DreamsComeTrue! 出てくるんです、実際そういう稀なやつ。

いつものようにネットで物件漁りをしていると、

おやおやおや、これはこれはすごいお宝が出ている。
庭バルコニー以外は全て満足、眺めもサイコーだが、部屋にはフラットアクセスの物件。(高台の縁に建っている)
しかも値段は適正、いやちょい高いか。
でもこれはここ数年で一番のアタリだ。

後ろで子どもを寝かしつけそのまま息絶えた妻を緊急で招集。
耳元で興奮気味に「ねぇ、見て見て、凄いのが出てるよ」。

いつもはそんなこと言っても絶対に起きない妻。
もしくは起きても白目化の呪文にかかり、すぐあっちの世界に旅立つ妻。その後はザオリクしても効かない。

でも今宵ばかりは違かった。
シャキーンと目を覚まし、「マジか、それは凄い。すぐ不動産屋へメールで見学会の申込みだ」とのこと。

ラジャー! 早速申し込むであります。
経験上、いい物件は掲載週の土日の土曜日AMが勝負なので、不動産屋へ予定確保する方向で連絡開始です。

方向転換

土地の抽選にハズレ、その後はや1年間。
その間1件だけ40坪のナイスな物件も出てきて超最短で動きましたが、結局これも先着順で逃す。

たぶんインターネットに出てきて3日ぐらいで決まっている。
確かにこの時に買うか買わないかは置いておいて、購入申し込みをしていればまた違ったかもしれなかったが、
とにかく速い、速すぎる。

めったに出ない場所の土地が尋常じゃない速さで決まる事実にかなり心が折れ、夫婦共々半ば諦めの境地に達する。

うーむ、土地、マジ無理じゃない?
これだけ最短で動いても取れないってことは土地神様がやめろって言ってるんじゃあないか?
なんか前世で悪い事した?

と夫婦でモヤモヤ悩むスキを狙ってちょうど入ってくる、以前いいなと思っていた現在の住処の近くの中古マンション。
気分転換に冷やかしてみるかと行ったのが結局の方向転換となります。

その中古マンション、いろいろ安い上に高台に建っていて眺めがいい。
あー、やっぱりこれも悪くないよな。
住んでるところも変わらないから今の生活スタイルも変わんないし。

この物件はいくつか希望に沿わないことあり、止めたのですが、この日を境に中古マンション探しを始めてしまうのでした。

ちなみに我々の出発地点はその眺めのいい中古マンションだったわけですから
元の木阿弥、一周回って出発地点に帰ってきてしまいました。

ここから中古マンション捜索の旅が始まります。







プロフィール

lonsdalequay

Author:lonsdalequay
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。